能 敦盛
   
わき

夢の世ならば驚きて。 
夢の世ならば驚きて。 
捨{す}つるや現{うつつ}なるらん

 
地謡

夢の世ならば驚きて 
捨つるや現なるらん

わき

これは武蔵{むさし}の国の住人。 熊谷{くまがえ}の次郎直寶{じらうなほざね}出家{しゅっけ}し 蓮生{れんせい}と申す法師にて候。

さても一{いち}の谷{たに}の合戦{かっせん}に平家の公達{きんだち}敦盛{あつもり}を手に掛け申しし事。 余{あま}りに御傷{おんいた}はしく候程{ほど}に。 かやうの姿と罷{まか}り成りて候。
又これより一の谷に下{くだ}り。 敦盛の御跡{おんあと}を弔{とむら}ひ申さばや と思い候

上げ歌
わき

九重{ここのえ}の。雲居{くもい}を出{い}でて行く月乃{つきの}。

雲居を出て行く月の。 
南{みなみ}に巡{めぐ}る小車{をぐるま}の淀山崎{よどやまざき}を打ち過{す}ぎて。
昆陽{こや}の池水{いけみづ}生田川{いくたがわ} 
波{なみ}ここもとや須磨{すま}の浦{うら}
一の谷にも着{つ}きにけり

一の谷にも着きにけり

急{いそ}ぎ候程に。 津{つ}の国一の谷に着きて候。
真{まこと}に昔{むかし}の有様{ありさま}今のやうに思ひ出でられて候。 

南無阿弥陀仏{なむあみだぶ}。 

あら面白いや あの上野{うえの}の当{あた}って 笛の音{ね}の聞え候。 
この人を相待{あひま}ち。 この当たりの事ども 詳{くは}しく尋{たづ}ねばやと思ひ候。

しだい  
して・ツレ 草刈笛{くさかりぶえ}の声添えて。 
草刈笛の声添えて 
吹くこそ野風{のかぜ}なりけれ
さし  
して 彼{か}の岡{おか}に草刈る男子{をのこ}野{の}を分けて。
帰るさになる夕間暮{ゆふまぐれ}。
して・ツレ

家路{いえぢ}もさぞな須磨の浦。
少しが程の通{かよ}ひ路{じ}も。

山に入り浦に出づる。
憂{う}き身{み}の業{わざ}こそ物憂{ものう}けれ

して・ツレ 問{と}はばこそ 独{ひと}り詫{わ}ぶとも答へまし。
上げ歌 須磨の浦 藻塩{もしほ}誰{たれ}とも知られなば。
  藻塩誰とも知られなば。 我にも友のあるべきに。
余りになれば詫人{わびびと}の親{した}しきだににも疎{うと}くして。
住めばとばかり思ふよや 憂{う}きに任{まか}せて過{す}ごすなり
憂きに任せて過ごすなり
問答 ワキ 如何{いか}にこれなる草刈達{くさかりたち}に 尋ね申すべき事の候
して 此方{こなた}の事にて候ふか 何事{なにごと}にて候ふぞ
ワキ 唯今{ただいま}の笛は かたがたの中に吹{ふき}き給{たま}ひて候ふか。
して さん候我等{われら}が中に吹きて候
ワキ あら優{やさ}しや。 その身{み}にも応{おう}ぜぬ業。 返{かへ}すがえすもやさしうこそ候へ
して その身にも応ぜぬ業と承{うけたまは}れども。 夫{そ}れ優{まさ}るをも羨{うらや}まざれ。 劣{おと}るをも賎{いや}しむなとこそ見えて候へ。
ツレ その上{うへ}樵歌{せうか}牧笛{ぼくてき}とて 草刈の笛{ふえ}樵{きこり}の歌は。
して・ツレ

歌人{かじん}の詠{えい}にも作りおかれて。
世{よ}に聞{きこ}えたる笛竹{ふえたけ}の。 
不審{ふしん}を為{な}させ給ひそとよ

掛合 ワキ

実{げ}に実にこれは理{ことわり}なり。 
さてさて樵歌牧笛とは

して 草刈の笛
ワキ 木樵{きこり}の歌の 
して 憂{う}き世を渡{わた}る一節{ひとふし}を
ワキ 歌{うと}ふも
して

舞{も}ふも

ワキ

吹{ふ}くも

して 遊{あそ}ぶも
上げ歌 
  地謡
身の業の。  好{す}ける心に寄竹{よりたけ}の。
好ける心に寄竹の。 小枝{こえだ}蝉{せみ}折{をれ}さまざまに。 笛の名は多{おほ}けれども 
草刈の 吹く笛ならば  これも名は。 青葉{あをば}の笛と思{おぼ}し召{め}せ。
住吉{すみよし}の汀{みぎは}ならば 高麗笛{こまぶえ}にやあるべき。
これは須磨の塩木{しほき}の 海人{あま}の焼{や}きさしと思{おほ}しめせ 
海人の焼きさしと思しめせ
掛合 ワキ 不思議{ふしぎ}やな 余{よ}の草刈達{くさかりたち}は皆々{みなみな}帰{かへ}り給{たま}ふに。 
御身{おんみ}一人{にん}とゞまり給ふ事。 何{なに}の故{ゆえ}にてあるやらん
して 何の故とか夕波{ゆふなみ}の 声{こえ}を力{ちから}に来{きた}りたり。 十念{じふねん}授{さず}けおはしませ
ワキ やすき事十念をば授{さづ}け申すべし それにつけてもおことは誰{た}そ
して 真{まこと}は我は敦盛の。 ゆかりの者にて候ふなり
ワキ ゆかりと聞けばなつかしやと。
して 掌{たなごころ}を合{あ}はせて 南無阿弥陀仏
ワキ 若我成仏十方世界{にやくがじょうぶつじつぽうせかい}
して 念仏衆生摂取不捨{ねんぶつしゆじやうせつしゆふしや}
地謡 捨{す}てさせ給ふなよ。
一声{ひとこえ}だにも足{た}りぬべきに。
毎日毎夜{まいにちまいや}の御弔{おとむら}ひ。
あら有難{ありがた}や我が名をば。
申さずとても明暮{あけくれ}に。
向{むか}ひて回向{えかう}し給へる
その名{な}は我と言ひ捨てゝ
姿{すがた}も見えず、失{う}せにけり
姿も見えず失せにけり
間狂言  
問答 

これは須磨に住まひする者にて候。 今日は罷り出で船の通ひを眺め。 心を慰めばやと存ずる。 これなるお僧はこのあたりにては 見慣れ申さぬが。 いづ方より御出でにて候ふぞ

ワキ これは都方より出でたる僧にて候。 御身はこのあたりの人にてわたり候ふか
なかなかこのあたりの者にて候
ワキ さやうに候はばまづ近う御入り候へ。 尋ねたき事の候
心得申して候。 さて御尋ねなされたきとはいかやうなる御用にて候ふぞ
ワキ 思ひも寄らぬ申し事にて候へども。 この所は源平両家の合戦の巷と承り及びて候。 平家の公達敦盛の果て給ひたる様体。 御存知においては語って御聞かせ候へ
これは存じも寄らぬ事を承り候ふものかな。 我等もこのあたりには住まひ申せども。 さやうの事詳しくは存ぜず候さりながら。 始めて御目にかかり御尋ねなされ候ものを。 何とも存ぜぬと申すも如何にて候へば。凡そ承り及びたる通り御物語り申さうずるにて候
ワキ 近ごろにて候
語り  さる程に平家は寿永二年秋の頃。 木曾義仲に都を落され。 この所へ移り給ふが。 
源氏は六方余騎を二手に分けて。 左右なう打ち破り。 御一門は散々{ちりぢり}に落ち給ふ 中にも修理の大夫 經 盛の御子無官の大夫敦盛と申すは。 御座船に乗らんとて汀の方へ御出でありしに。小枝と申す御秘蔵の笛を本陣に忘れ給ふが。 跡にて敵に取られん事を口惜しく思し召し。 又本陣に御帰りありて。
笛をとり汀へ御出でありしに。 御磯馴松座船を始め兵船ども悉く沖へ出で申し候間。馬に強し泳がせんとて。 馬を海へ打入れ給ふ所に。 武蔵の国の住人熊谷の次郎直実扇を開き招きければ。 敦盛やがて取って返し。 波打際にむづと組み。 両馬が間にどうと落ちる。 熊谷は大剛の者なればその儘取って抑へ。 首をかゝんとして内兜を見れば。 十五六ばかりと見えて化粧して。 鉄漿{かね}黒々とつけ給ふ間。 
あつぱれよき武者かな。 助けばやと後を見れば。 土肥梶原十騎ばかり続きたり。
熊谷申すやうは。 助け申したく候へども。 御覧の如く大勢続きたり。
熊谷が手にかけ御跡懇に弔ひ申さんとて。 御首かき落し
御死骸を見奉れば。 腰に錦の袋に笛の御座候間。 即ち大将の見参に入れしに。真にかゝる折節笛を持ち給ふ事は。 公達の中にてもやさしき御方なりとて。 皆々鎧の袖を濡らしたると申す。 その後御名を尋ぬるに。  經 盛御子無官の大夫敦盛にて御座ありたると申す。 
真や人の申すは。 熊谷は出家して敦盛の御菩提を弔ふと申すが。 さやうの者ならばその時助け申さうずるに。 助けぬ者ならばこれは偽りにて候ねし。 その熊谷がこの所へ来れかし。 打ち殺して敦盛の孝養{きやうやう}に致したくとの申し事にて候。 
まづ我等の承り及びたるはかくの如くにて御座候が。 何と思し召し御尋ねなされ候ぞ。 近頃不審に存じ候
ワキ 懇に御物語り候ものかな。 今は何をか包み申すべき。 これは熊谷の次郎直実出家し。 蓮生と申す法師にて候。 敦盛の御菩提を弔ひ申さん為。 これまで参りて候よ
扨{さて}はその時の熊谷殿にて候か。 さやうの事とも存ぜず聊爾{りようじ}なる物語申して候御免候へ。 扨善に強きは悪にも強しと申すが。 かたがやの事に候べし。 弥々敦盛の御跡御弔ひあれかしと存じ候
ワキ いやいや苦しからず候。 この所へ来り候も 敦盛の御跡弔ひ申さん為にて候間。 暫く逗留{とうりゅう}申し弥々有難き御 經を読誦{どくしょう}し。 かの御跡を懇に弔ひ申さうずるにて候。
さやうにて候はば御宿を申さうずるにて候
ワキ 頼み候べし
心得申して候
   
待謡  
ワキ

これに付けても弔{とむら}ひの

これに付けても弔ひの。 法事{ほふじ}をなして夜{よ}もすがら。 念仏{ねんぶつ}申し敦盛の。 菩提をなほも、弔はん 菩提をなほも弔はん

げのえい  
シテ

淡路潟{あわぢがた}かよふ 千鳥{ちどり}の声きけば。 寝覚{ねざめ}も須磨の。関守{せきもり}は誰{た}そ

掛け合い  
シテ 如何に蓮生{れんせい}。 敦盛こそ参りて候へ
ワキ 不思議やな 鳧鐘 { ふしよう } を鳴らし法事をなして。 まどろむ隙{ひま}もなき所に。 敦盛の来り給ふぞや。 さては夢にて有るやらん
シテ 何しに夢にて有るべきぞ。 現{うつつ}の因果{いんぐわ}を晴{は}らさん為に。 これまであらはれ来{きた}りたり
ワキ うたてやな 一念弥陀仏即滅無量の。 {いちねんみだぶっそくめつむりょうの}罪障{ざいしょう}を晴{は}らさん称名{しょうみょう}の。 法事{ほふじ}を絶{た}えせず弔ふ功力{くりき}に。 何の因果は荒磯海{ありそうみ}の
シテ 深{ふか}き罪{つみ}をも訪{と}ひ浮{うか}べ
ワキ 身は成仏の得脱の縁
シテ これ又他生{たしやう}の功力{くりき}なれば
ワキ 日頃は敵{かたき}
シテ 今は又
ワキ 真に法{のり}の
シテ 友なりけり
 
 

これかや。 悪人{あくにん}の友を振り捨てて善人{ぜんにん}の。 敵を招けとは。御身の事か有難や。 有難し 有難し。とても懺悔{ざんげ}の物語夜{よ}すがらいざや、 申さん夜すがらいざや申さん 申さん夜すがらいざや申さん

クリ  
  「夫れ春の花の樹頭{じゅとう}に上るは。 上求菩提{じやうぐぼだい}の機をすゝめ。 秋の月の水底{すいてい}に沈{しづ}むは。 下化{げけ}衆生{しゆじやう}の。 形{かたち}を見す」
シテ 然{しか}るに一門{もん}門{かど}を並{なら}べ。 累葉{るい}枝{えだ}を連{つら}ねし粧{よそほひ}
真に槿花{きんくわ}一日{じつ}の栄{えい}に同{おな}じ。 善{よ}きを勧{すす}むる教{をし}へには。 逢ふ事かたき石の火の。光{ひかり}の間ぞと思はざりし 身の習{なら}はしこそはかなけれ
シテ 上{かみ}に在つては。 下{しも}を悩{なや}まし 富{と}んでは驕{おごり}を。 知らざるなり
然るに平家。 世を取つて二十余年{よねん}。 真に一昔{ひとむかし}の。 過{す}ぐるは夢の中なれや。 寿永の秋の葉{は}の四方{よも}の嵐に誘{さそ}はれ 散々になる一葉{えう}の。舟{ふね}に浮き波に臥{ふ}して 夢にだにも帰{かへ}らず。 籠鳥{ろうてう}の雲{くも}を恋{こ}ひ。帰雁{きがん}列{つら}を乱るなる。 空{そら}定{さだ}めなき旅衣{たびごろも}。日も重{かさ}なりて年月{としつき}の。立ち帰る春の頃  この一の谷に籠{こも}りてしばしはこゝに須磨の浦
シテ うしろの山風{やまかぜ}吹き落ちて
野{の}もさえかへる海際に。 舟の夜となく昼となき。千鳥{ちどり}の声も我が袖{そで}も。波にしをるゝ磯枕{いそまくら}。海人{あま}の苫屋{とまや}に共寝{ともね}して。須磨人{すまびと}にのみ 磯{そ}馴松{なれまつ}の。立つるや夕煙{ゆふけむり}柴{しば}と云ふもの折{を}り敷きて。思ひを須磨の山里{やまざと}の。 かゝる所に住{すま}ひして。須磨人になりはつる一門の果ぞかなしき
掛け合い  
シテ さても二月{きさらぎ}六日{むいか}の夜{よ}にもなりしかば。 親にて候ふ経盛{つねもり}我等を集め。 今様{いまやう}をうたひ舞ひ遊びしに
ワキ さてはその夜の御遊なりけり。 城{じやう}の内にさも面白き笛の音{ね}の。 寄手{よせて}の陣{ぢん}まで聞こえしは
シテ それこそさしも敦盛が。 最期{さいご}まで持ちし笛竹の
ワキ 音も一節{ひとふし}をうたひ遊ぶ
シテ 今様{いまやう}朗詠{ろうえい}
ワキ 声々に
拍子{ひやうし}を揃へ声をあげ
シテ さる程に。御舟を始めて
一門皆々{みなみな} 船に浮{う}かめば 乗りおくれじと。汀にうち寄れば。 御座舟{ござぶね}も兵船{ひやうせん}も遥{はるか}にのび給ふ
シテ せん方波に駒{こま}をひかへ。 あきれ果てたる 有様なり。

かゝりける所にうしろより。

  熊谷の次郎直実。 の
  がさじと。
追つ懸{か}けたり 敦盛も。
  馬引き返し。
  波の打物{うちもの}抜いて。
  二打{ふたうち}三打{みうち}は
  打つとぞ見えしが 馬の上にて。 引つ組んで
  波打際に。 
落ち重なつて。 終{つひ}に。討たれて失せし身の。因果{いんぐわ}は廻{めぐ}り合{や}ひたり
  敵はこれぞと
  討たんとするに。
  仇{あだ}をば恩{おん}にて
  法師{ほふじ}の念仏{ねんぶつ}して弔はるれば。終には共に 生まるべき
  同じ蓮{はちす}の
  蓮生法師{れんせいはふし}。敵にては無かりけり
 

跡弔ひてたび給へ跡弔ひてたび給へ